FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のハマってるもの

 この所、Soutoにはハマってるものがあります

 それが、ホラー映画

 マンガ学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEADに影響されホラーの中でもいわゆるゾンビ物というのをビデオ屋で借りて鑑賞してたりします

 怖いもの見たさというより、銃でゾンビ倒す所が一番見たいというのとパニックになるとどういうことが起こるのかというのが気になって手出しまくってるのですがw

 というわけで本日は見たことある映画(大半がDVDでですが)についてコメントをしてみることにコメントが興味なければすっ飛ばしてくださいw

 では、続きへどうぞ

バイオハザードⅠ~Ⅲ

 多分、大半の人が知ってると思いますが、カプコン原作のゲーム「バイオハザード」を元に製作された映画です。
 主人公はゲームのキャラではないけど敵(ゾンビ犬のケルベロスとか)や世界設定などが色々と取り入れられてる作品です。
 どちらかというとパニック要素よりもアクションに重点が置かれていて、典型的なハリウッド映画的な感じがあります。ちなみに自分の家の近くのビデオ屋(GEO)ではホラーではなくSFのジャンルに分類されてたりしますw
 まあ、それはさて置いておきます。

 感想はやっぱり、お金かかってるだけあって映像もきれいでCGの部分もすごいところ多いのですが
 自分としては残念なのが、Ⅲで主人公のアリスが超能力バトルとかやってるところ
 バイオハザードの世界観に超能力バトルは不要に感じられてならない。別の映画の話になるけど『マトリックス3』でも主人公が最後の方で現実世界で超能力使ってたけど、なんというか、白けました。ちょっと、力技が過ぎる感じがあります。(アクションだけでも力技は十分な気がするし)
 あと、ゲームと同じく毎回の作品で主人公が変わっても良かったんじゃないかとも感じます。前作の主人公はサブキャラで登場するぐらいがいいんじゃないかなぁこのシリーズは(´-ω-)
 Ⅱはちょっと、ホラー要素がイマイチ過ぎるかなって感じがあります。Ⅲはゾンビの出てくるタイミングがいい感じに恐怖感をかもし出してくれています。その点は評価できるかと
 まあ、ゲームの題名からも親しみやすさはあるかもしれないので初心者の人におススメってかんじですw


ハウス・オブ・ザ・デッド2

 こちらもアーケードゲームで同じみなタイトル
 こちらのゾンビはウィルスや魔術ではなく、特殊な遺伝子を組み込まれたゾンビに似た生物らしいです。
 1~4までのシリーズらしいのですがうちの近くのビデオ屋には2しかないのが残念なところ
 ちなみに製作には一ヶ月も掛かってないとかDVD内のスッタフコメントで話されてました(その割には良くできてると思います)

 感想を言うと
 ゾンビの気持ち悪さは自分が見たことある中ではダントツです。緑色の体液と顔の作りが特に
 俳優達の演技のも良い方かと、ただ、主人公達がゾンビの集団に囲まれた時の演技が少しわざとらしすぎかなとも感じましたが
 お約束な事も多く取り入れられていて分かりやすい作品だと思います。自分的には少し物足りなさもあったけど


28日後、28週間後

 Souto的にオススメなシリーズです。特に28週間後が
 バイオハザードと比べて制作費が四分の一~五分の一ぐらいなのですが、ホラーとしての完成度としてはこちらの方が高いと感じました。
 ゾンビたちが飢え死にする描写とかあるのは珍しいと思えた。
 この作品のゾンビは、ゾンビというよりも凶暴化した人間といった感じです。凶暴化の原因となるのは猿が持っていたウィルスで感染すると凶暴化して他人に襲い掛かる(食人だけでなく殴る首絞めるとかそういった行動に出ます)ようになりこの凶暴化した人々によりロンドンが無人になるという背景設定になってます。
 また、この作品のゾンビ(というより、凶暴化人間なので)は走って追いかけてきます。この辺は新しいと言われてる。(実はバタリアンというので走るゾンビが既に出てるらしいですが)

 また、28日と28週間では主人公達と状況が違うのでどちらを先に見ても楽しめると思います。
 特に28週間後の暗闇での演出は秀逸だと感じました。アクションは走るというほとんどの人にできる行動が中心のためバイオハザードのような飛んだり跳ねたりのアクションはないですが、その分、登場人物たちの心情も身近に感じられるかと
 特に28週間後の方はゾンビ達が出てくるよりも出てくるまでの方が緊張感ありますw
 28日後のほうでは主人公達が無人のスーパーで食糧などを買う(もらっていく)シーンが面白かつたw
 ゾンビ映画に興味あるなら一度は見て置いて損はない作品としてオススメしますw


ゾンビ・オブ・ザ・デッド~沼からきた緑のヤツら~

 まず、一言で言うと超駄作といったかんじです。
 一応、最後まで見たのだけどあまりにもつまらなくて途中で見るのやめようかと思ったぐらい(´-ω-)
 設定はありきたりで、ゾンビの発生原因は新薬の開発の実験によるもの、というのは良いとして
 カメラワークや演出は最低レベルで、カメラはなんだか家庭用ビデオに毛の生えた程度、ゾンビの動きもゾンビとしてはお粗末、普通の人間がやってるのが丸分かりでゾンビとしてのおぞましさがまったくなし。
 何故かゾンビとの格闘シーンが多いんだけど、噛まれたら感染する上に未知の相手に易々と素手での格闘を仕掛けようという登場人物が多いのが解せない、もうちょっと慎重になるだろさすがに
 カメラはキャラへの焦点の合わせ方が全然なってないため、素人目にも下手なの丸分かり(自分でやれと言われると素人なのでできないですが、見世物としてはひどいと思う)
 その上、シーンの切り替えやゾンビの登場がいきなりすぎて、カメラの切り替わりのタイミングもまったく違う日にとってそれをつなげ合わせてるというのが丸分かりなのはいかがなものかと……なんというか、全体通してシュール過ぎました
 俳優の演技もセリフもなんか、ショボイ
 一応、全部見なきゃ感想言う資格はないと思ってみたけど、見なくていいですこの作品は、作品そのものをコメディとしてみるなら別ですが


レイク・オブ・ザ・デッド

 湖の呪いで13年に一度、人が死ぬといった設定の作品
 登場人物はそれぞれに様々な人が死んだことに対するトラウマを持っていてそういった人が湖に集まり次々死んだり不可思議な現象に出会うといった作品です。
 主人公(女)の両親が冒頭にガス中毒で死ぬ所とか肌が緑色の幻覚として現れるシーンはホラーとして十分怖いのですが……
 全体的に俳優の演技がショボイ、特に走って逃げるシーンの所とか怖いのに本気で走ってるように見えないので非常に残念。あと、水死体の人形がしゃべるシーンとかもシュールなだけで逆に白けてしまったりと思ったより怖くない
 まあ、もう少し頑張りましょう、といった感じの作品だと思えます


デッドマンズ・プリズン

 ある凶悪殺人犯として刑務所に護送された囚人が原因で刑務所内でゾンビが大量発生するという内容の作品です。
 原因はどこかの製薬会社が製作した薬品だかウィルス、それに感染した友人達がゾンビとして襲い掛かられた原因の囚人がゾンビをすべて殺したけど自分も感染してしまい死のうとして死ねなかった所からはじまります。(感染経路なども体液とよくあるパターンです)
 事件の概要を知った組織(科学省だかそういった関連の所)がとりあず、刑務所内で隔離しておいてもらおうとか考えたのが大量発生の原因になり刑務所閉鎖&パニック(御役所仕事のずさんさがめっちゃでてるw)
 この作品のゾンビも走るタイプなので手強いかと
 銃撃や吐血などにCGを利用してるため、銃の作りがちょっとやっちく見えたりもします。内臓の作り物とかは結構上手いんですけど、ゾンビの顔とかがもうちょっと気持ち悪くてもいいかなぁ
 と思えなくもないかな、ロマンス的にはあまり期待できないけど
 ゾンビモノとしては及第点ではないかと思います


 今後も面白そうなゾンビ映画見つけたら見てみようと思ってます。とりあえず、金と時間の問題だけどwwww



・番外編

スナイパー VS ゾンビ

 自分的には面白そうと感じてるんですが1週間レンタルになってからずっと借りられっぱなしです。チャンスがあれば見てみたいです。

 ちなみにスナイパーVS100万のゾンビ、生き残るためには殺しまくれ

 というのがキャッチフレーズだったかw
 ちょっぴり期待の一作品w 
スポンサーサイト

テーマ : ホラー - ジャンル : 映画

コメント

No title

ゾンビ物大好きだなw!
ゾンビテーマの映画って結構多いね。

No title

人間以外のゾンビって異様に強く設定されてる気がするが気のせいか?
あんなの小火器でどう対応しろと!
実際いたらお目にかかりたくないし・・・。
つかホラー嫌いだし。

No title

人間て動物と比べると優秀なのは道具を作る能力と器用な手先であって
身体能力的な話をすれば、走る速さだけ比べても四本足で走る動物の方が力も入れやすいし、安定性もある
体重の差もあるし毒とかもってるものもいる。魚やさめは元から水中生活に特化してるし

素手でガチンコだと人間て中型犬にすら勝てないという話をどこかで聞いた

さらにゾンビはたいていの場合、肉体のリミッターもはずれてるしただでさえスピードや力で劣る人間がゾンビ犬とか捕らえるの難しいのはしょうがないという話し
しかも、ゾンビじゃ音に怯むような事もないだろうし
まあ、まず、ぶち当たらないことを祈るしかないかとw

元からの身体能力や適正がちがうので強さの差はそういうことだと思われる
できるなら、ショットガンでの対応が携帯火器の中ではお勧めだと思うぞ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。